FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒哭忌
2010.02.07
亡き 母里ゑ子の卒哭忌(100ヶ日)の法要を親族のみで営みました。
本日の法要をもって 悲しみ泣く事を終え 明日から気分一新
頑張りましょうと言う意味合いの法要です。

檀家さんや他の方々の49日法要や100ヶ日法要は 
『えっ もうそんなに経ったの?』って思うのに 何故か
母親が旅立ってから月日の過ぎるのの遅い事・・・・。
『えっ まだ100け日?』

不思議とまだ実感が湧きません。
夢枕にも母は現れても来てくれません。

母と別居の生活が永かったからなのか?
はたまた 私の心の希薄さ故か?

でも こんな私にも
涙を零しそうになった時が2度程ありました。

最初は 火葬場での事でした。
お棺に火が入れらホールを後にする時 友人の僧侶が
そっと私の耳元で言いました。
『僕らの記憶に残っているそのままの顔やったね。』
私は不覚にも涙を零しそうになりました。

2度目は 思い掛けない同級生からの手紙でした。
切々と亡き父母の思いが綴られていました。
そして 末尾に
『寂しいやろけど頑張ってな!』と書かれていました。

どんな事があっても もう悲しみません!
泣きません!

卒哭忌もすみました。  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。