スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バージン ロード
20070901

娘の願いで 法衣(道中衣)でバージンロードを歩く事になった。
私的には少しの違和感もなく歩けた。
法衣は私たちのユニホーム。

「少し緊張していたみたい」とは後日の身内の言葉。
十字クロスの、み前で牧師様が見守る中新郎に愛娘を託す
気持ちは最高であった。
この機会を与えてくれた娘に感謝!

外國の方から見れば かなり違和感があったことでしょう?
日本人の宗教意識はかなり曖昧であると誰かが指摘をしている。
が 宗教意識が加熱すれば宗教戦争さえ起りうる。
この曖昧さが程よく今の日本の平和を維持しているのでは・・・?

20070904191017.jpg


かつて 永六輔と無着成恭師が法衣で知人のお見舞いに行き
病院の玄関で職員に拒絶されたとか言う話を聞いた事がある。
その時 無着師は『これが私の正装だ。』と毅然と応えたとか。

僧侶=葬式(死)と短絡的に意識される現状が悲しい。
無着師の様に毅然と応えられるような僧侶になりたい。
(住職)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。