スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れないこと
『和尚さん またあの人から届いたよ!』
玄関で元気な郵便配達の方の声
とっさに『ああ今月もう 3分の1日過ぎたんだな。』と思う。

あの人とは 栖雲寺で永代供養檀にお預かりしているSさんの
お嬢さんです。

当地出身のSさんは大変この地が好きで 故郷の風や香りを近くで
感じさせてあげたいと栖雲寺の永代供養檀を遺族の方々が希望されました。

お嬢様は お骨をお預かりした 平成21年2月から毎月欠かさず 
月命日(17日)までにお供え物を郵送して下さるのです。

勿論 お盆や お彼岸にもわざわざ遠路四日市から
ご家族でお参りにもきて下さいます。

もう 3年以上続いています。
だから 郵便配達の方にもすっかりお馴染なんです。

『父ちゃん あんたのことは忘れていないよ!』と言う
彼女のメッセージなんでしょう。

何よりの供養 それは忘れないこと。
娘 合掌





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。