FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めし上がれ!
20100902
先日 親戚の法事(大練忌 7.7日)が鎌倉 横浜で続けてありました。
近年稀に見ぬ猛暑の中のお盆行事も どうにか無事務め終えての車での移動。
さすが還暦の身には堪えました。

お葬式の時から気にはなっていたのですが どちらの法事も食事
会場に故人の遺影とお位牌をお祀りし 別途お膳が用意されていたのです。
喪主の御礼の挨拶に続き 代表が献杯の言葉を述べ箸を取りしました。

確か 6月に随喜した山梨県の法類(親戚の寺)の法事でもそうでした。
食事会場には遺影とお位牌がお祀りされ 仲居さんはまず どのお料理も
故人にお供えし その後高位の方々から順番にお出ししていました。

法要は故人が主役。
故人のために親戚縁者が集い法要をし 
そして会食をするのだから
これって当然と言えばとうぜんのこと。

当地では法要後会食会場に移動する時
『仏さんを一人にさせてはいけないから。』
と身内を一人家に残していきます。 
陰膳や献杯の習慣はまったくない。

『こんな慣習って良いな。』これなら 皆と一緒で
故人も淋しくないし・・・・。 
故人のための法要の食事会場に故人が不在なんて・・・。

やっぱり 変!?
陰膳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。