スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花まつり
5月8日 はひと月遅れのお釈迦さまの誕生日です。
花まつり(灌仏会(かんぶつえ)とか 降誕会(ごうたんえ)とも言います。

午前10時から栖雲寺梅花講員の皆さんと共に 降誕会(ごうたんえ)の法要をおこないます。
本堂に甘茶も用意しています。
皆さん ご賞味ください。

甘茶は薬草です。 
とても身体に良いですよ!
そして 甘茶で擦った墨で字を書くと 筆も上達するそうですよ!
ぜひ お越しください下さい。

夕刻まで本堂に花御堂と甘茶が用意されています。

なぜ ひと月遅れなのかは定かではありませんが、
4月8日頃はまだお花が少なかったからとか
国府のお寺の花まつりにあわせたとか・・・。
お釈迦さまは生まれると、すぐに七歩ほど歩み、右手で天を、
左手で地を指さして天上天下、唯我独尊、三界皆苦、我当度之
「人は誰でもこの世に一人だけであって予備の人間はいない。命は貴い
ものである。私は苦しむ人々を救うことを第一としよう」といいました。
すると天に住む竜が感激して甘露の雨を降らしたといいます。
花祭り
花御堂はルンビニー園(インドとネパールの国境近く)を、甘茶は龍が
降らした甘露の雨を表わします。
 いろいろな花で飾った小さなお堂(花御堂)の中に、甘茶の入った水盤を置き、あかちゃんの姿のお釈迦様の像(誕生仏)を祀ります。ときにはこの花御堂を白い象にのせて練り歩きく場合もあります。お参りの仕方は、誕生仏の頭からひしゃくで甘茶をそそいでお参りします。お釈迦様の父親は釈迦族の王様で浄飯王、母親は摩耶姫といいます。出産のため実家に向かう途中のルンビニー園で生まれました。
 花まつりは、インドや中国でも古くから行われている行事です。日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われました。お釈迦さまの誕生を祝い、お釈迦さまの智慧と慈悲の教えを信じてゆくことを誓う日です。また、子供がすくすくと育つことを祈る日でもあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。